労働問題・債務整理・家庭問題・その他、大阪の法律相談なら関西合同法律事務所へお任せください。

[平和]に関する記事

2018年は憲法を守るための正念場

2018-01-15

2018年は憲法を守るための正念場

弁護士松本七哉

2017年10月に実施された衆議院の総選挙で、民進党の解党騒ぎもあり、衆議院の議席の八割以上を改憲勢力が占め、憲法改正の発議が現実味を帯びてきました。この総選挙では、自民党が初めて、具体的な改憲内容を公約に掲げました。2019年7月に参議院選挙があり、この選挙で、改憲勢力が3分の2以上を確保できる保障はありませんので、安倍首相は必ずそれまでの間に、改憲の発議をしてくるものと思われます。憲法が生まれて70年以上が経過しましたが、いよいよ、初めて本当に憲法改正の発議が行われ、憲法をめぐる大きなたたかいが迫ってくるのです。
自民党が、この総選挙で掲げた改憲条項は四点ですが、特に九条の改憲と、緊急事態条項には注意をする必要があります。九条に関しては、2017年5月3日の憲法記念日に、安倍首相は、九条一項と二項を残したまま、これに自衛隊を合憲とする条項を加憲するという考えを打ち出しました。「自衛のためであれ戦力は持たないのだ、自衛隊は違憲だ」との考えからは、自衛のための戦力を認めるということは、九条の精神を大きく後退させるものとなります。しかし、九条は、日本の防衛のためにだけの自衛隊は許容しているという考え(これを専守防衛といいます。戦争法ができるまでの日本政府の見解です)からは、このような加憲は、それまでの考え方を確認するだけで、問題がないようにも思えます。
他方で、2015年9月に、戦争法が成立しました。これは、集団的自衛権の名の下に、アメリカが起こす戦争に、自衛隊が参戦する等の内容を含んでいます。明らかに専守防衛の範囲を超えていて、従来の日本政府の考え方からすると違憲となります。この戦争法が成立している以上、安倍首相は、これを合憲と解釈できるような改憲案を提出してくるに決まっています。すなわち、今度、史上初めて提起される憲法改正の発議の内容は、例えば中東でアメリカが起こした戦争に、自衛隊が参戦することを憲法上も容認するように解釈できる条項であると考えられるのです。
この憲法改正は、普通に自衛隊が、世界のどこでもアメリカと一緒になって戦争ができるようにするためのものであると考えられます。
今後1年半、戦後70年で初めて、現実に憲法を改悪するか否かの憲法をめぐる熾烈なたたかいが待ち受けています。憲法を守るたたかいの総決算の年の始まりです。まずは、発議をさせないたたかいをつくる必要があります。

総選挙後の改憲をめぐる情勢とたたかいの展望

2017-11-10
講演会「総選挙後の改憲をめぐる情勢とたたかいの展望」が開かれます

とき:12月13日(水)18:30~
ところ:天満橋・エルおおさか エルシアター
講演:渡辺治(「九条の会」事務局・一橋大学名誉教授)
参加費:1000円(障がい者・介助者・高校生以下は無料)
主催:九条の会・おおさか

9条改憲NO!アベ政治を終わらせよう!11.3おおさか総がかり集会

2017-10-16

9条改憲を許さない!アベ政治を終わらせよう!
―戦争も、核兵器も、辺野古新基地もいらない 11.3おおさか総がかり集会が開催されます

とき:11月3日(金・祝)13:30文化行事14:00府民集会
ところ:中之島公園芝生広場
主催:おおさか総がかり集会実行委員会

 

核兵器禁止条約学習会

2017-10-02

核兵器禁止条約学習会

2017年7月7日、「核兵器の全面廃絶につながる、核兵器を禁止する法的拘束力のある協定について交渉する国連会議」は、核兵器禁止条約を、国連加盟193カ国の63%にあたる122カ国の賛成(保留1、反対1)で採択しました。人類史上初となる核兵器を違法化する条約です。
講演は、この「核兵器禁止条約」について、今後の同条約の広がりと、唯一の被爆国である日本の今後の国際社会での役割についてです。

日時:10月28日(土)14:30~16:30
会場:大阪弁護士会館 12階1203会議室(大阪市北区西天満1-12-5)
講師:大久保 賢一 氏(埼玉県弁護士会 弁護士)
参加費:無料
ウェブからのお申込み http://www.osakaben.or.jp/event/2017/2017_1028.php

主催:大阪弁護士会

 

人権交流集会 『単なる理想か – 憲法の可能性と実現力』

2017-09-07

青法協人権研究交流集会『単なる理想か – 憲法の可能性と実現力』が開催されます

とき:11月25日(土)-26日(日)
ところ:大阪府教育会館「たかつガーデン」(大阪市天王寺区東高津町7番11号)
近鉄 「大阪上本町」駅 徒歩約3分・ 地下鉄「谷町九丁目」駅 徒歩約7分
プログラム:25日(土)13:00~14:00  憲法劇(あすわか兵庫)14:10~16:00分科会1  16:10~18:00 分科会2
26(日)10:00~13:00 シンポジウム(パネリスト 金平茂紀さん・木村草太さん・太田啓子さん・猿田佐世さん)
参加:どなたもご参加いただけます 一般参加券 500円
前売り券お申込みフォーム http://jinkensyukai.com/#contact-form

主催: 青年法律家協会人権研究交流集会 実行委員会

大阪憲法ミュージカル『無音のレクイエム』公演

2017-09-03

大阪憲法ミュージカルの公演 2017年は『無音のレクイエム』です

◇作品紹介
昭和初期、ところは大阪千日前。活動弁士を夢見る明、作家を目指す貞夫、彼らを応援する美智子。
戦争に翻弄されながら生きる、日米開戦、出征、大阪大空襲・・夢を語ることすら止められた。
無声映画から、歌が、音楽が、笑い声が聞こえてくる。
「悲しかったら泣いたらええ!面白かったら笑ろたらええ!」
あの時戦争前夜に立ち会う。何が起こったのか、何を思ったのか。

◇公演日
10月6日(金)昼の部 開演 15:00    夜の部 開演 19:00

10月7日(土)昼の部 開演 13:00   夜の部 開演 17:00

10月8日(日)昼の部 開演 11:00  夜の部 開演 15:00

10月9日(祝)昼の部 開演 11:00  夜の部 開演 15:00

◇公演場所
大阪城ビジネスパーク円形ホール(大阪市中央区城見2−1−61)
地下鉄長堀鶴見緑地線「大阪ビジネスパーク駅」4番出口下車徒歩約1分
JR環状線「京橋駅」徒歩約8分

◇チケット販売
一般3500円、大学生高校生3000円、中学生以下・障がい者2000円
全席自由席
【メールでの申し込み方法】
osaka.musical2017@gmail.com
メールのタイトルに「チケット購入」と記載の上
メール本文にて下記内容をお知らせください。
①氏名
②公演日程
③区分(一般、大学生、高校生、中学生以下、障がい者)
④チケット送付先
⑤連絡先電話番号

◇主催
大阪憲法ミュージカル

9条改憲論の危険なねらい

2017-08-02

日本国憲法9条改憲論の危険なねらい

弁護士正木みどり

安倍首相は、なんと憲法記念日(5月3日)に、9条改憲を打ち出しました。「9条1項(戦争はしない)、2項(戦力は持たない)」はそのままに、自衛隊を認める3項を加えるというのです。「頑張っている自衛隊を憲法に明記してあげよう。何も変わらないから安心して改憲に賛成して。」という作戦です。
しかしこれは、ひどいごまかしです。9条2項は「戦力を持たない」としているので、時の総理が自衛隊に何かさせようとするたびに、いちいち「戦力」にあたらないことを国民に説明しなければなりません。ところが、3項で自衛隊の存在を2項の例外として明記すれば、2項は自衛隊の「戦力化」を抑止する力を失ってしまいます。
しかも、3項で認められる自衛隊は、国民がイメージしている「災害救助・専守防衛の自衛隊」とは違うものになってしまっています。一昨年9月、憲法違反の戦争法(安保法制)の強行成立により、海外で集団的自衛権を行使できる自衛隊に変えられているのです。集団的自衛権とは、「自衛」とは名ばかりで、自国が攻撃されてもいないのに、他の国のために一緒になって海外で武力行使する(つまりは戦争する)ものです。だから、自民党政府ですら、長年にわたって「集団的自衛権は憲法違反だから認められない」と言ってきたのです。この戦争法の強行成立後も、市民と立憲四野党の共同で、憲法違反の戦争法の廃止を求める運動がくりひろげられています。
ところが、9条に3項を加えて改憲されると、9条1項、2項は亡きものにされてしまい、歯止めなく海外での武力行使(戦争)が可能になってしまいます。これが安倍首相のねらいです。

例えば、お隣の韓国の憲法も自衛戦争以外の戦争を禁止しています。ところが実際には、韓国は集団的自衛権の名目で、アメリカのベトナム戦争に参戦して多くのベトナム人を殺害し、5000名以上の戦死者を出したと言われています。この韓国の実例をみても、日本国憲法9条2項(戦力を持たない)を死文化させてしまう改憲論の危険性が明らかです。
戦争できない(戦争しない)国から、「戦争できる国」となることは、人権も制限され、監視社会・ものも言いにくい息苦しい社会に、私たちの権利や暮らしそのものを大きく変えてしまいます。自民党の改憲草案は、国防軍(軍隊)の設立を目指しています。本当はそうしたいのです。でも、それでは国民がついてきません。だから、「9条に3項を加えて自衛隊を認める」という変化球で、9条1項・2項を亡きものにして、自衛隊を他国で制約なく戦争できる軍隊に変えてしまおうという作戦です。
自衛隊をどう考えるかはいろいろな意見があるかも知れません。でも、戦争への道を拒否したいなら、そして自衛隊を他国に対する攻撃部隊としない、自衛隊員が海外で外国人を殺すことも殺されることも防ごう、憎しみの連鎖で敵国をつくってはいけないと考えるなら、憲法9条改憲論はおかしい、9条をまもれの声を大きくしていこうではありませんか。

なぜ、自衛隊員の母は 裁判を起こしたのか

2017-05-14

ともに学ぶ法律家と市民のつどい「なぜ、自衛隊員の母は 裁判を起こしたのか」が開催されます
とき:6月14日(水)18:40
ところ:大阪弁護士会館 10階 1001・1002号室(地下鉄・京阪「淀屋橋」から徒歩5分)
講演:平和子さん(陸上自衛官の母で自衛隊派遣の「差止」を求めて札幌地裁に提訴した原告)
佐藤博文弁護士(自衛隊派遣差止訴訟弁護団事務局長)
参加費:500円
主催:青年法律家協会 大阪支部

いいね!日本国憲法 平和といのちと人権を!5.3憲法集会

2017-04-03

「施行70年 いいね!日本国憲法-平和といのちと人権を!5.3憲法集会」が開催されます
とき:2017年5月3日(祝)11時30分~
ところ:有明防災公園(東京臨海広域防災公園)
主催:5.3憲法集会実行委員会
内容:11時30分ブース・イベント広場:親子憲法ひろば/出店ブース/ミニSL
12時プレコンサート:ユキヒロ/佐々木祐滋「HEIWAの鐘」をユキヒロと一緒に歌おう
13時集会:司会:橋本美香(制服向上委員会)
スピーチ:池内了(名古屋大学名誉教授、世界平和アピール7人委員会)
伊藤真(弁護士、伊藤塾塾長)
植野妙実子(中央大学教授・法学)
落合恵子(作家)
ピーコ(ファッション評論家、シャンソン歌手)
山口二郎(法政大学教授・政治学、市民連合)
山田火砂子(映画監督)
14時30分クロージングコンサート:制服向上委員会/中川五郎/PANTAとき

憲法こわすな!5・3おおさか総がかり集会

2017-04-03

「憲法こわすな!5・3おおさか総がかり集会」が開催されます
◇日時:2017年5月3日(憲法記念日)
13:30文化行事
14:00集会開会 3コースに分かれてパレード
◇場所:扇町公園
◇主催:おおさか総がかり集会実行委員会

« Older Entries

アクセス

地図

大阪市北区西天満4丁目4番13号 三共ビル梅新5階

地下鉄/谷町線・堺筋線 南森町駅
1号出口から 徒歩 約10分

icon詳しくはこちら

弁護士紹介