労働問題・債務整理・家庭問題・その他、大阪の法律相談なら関西合同法律事務所へお任せください。

民法の定める成年年齢を18歳に引き下げる

2022-04-01

民法の定める成年年齢を18歳に引き下げる             弁護士 松本 七哉

民法改正により、2022年4月1日より、成年年齢が18歳となります。それは18歳になれば、親の親権に服さなくなるということで、親の同意なく一人で法律行為ができる(例えば、自動車を買える。賃貸借契約ができる。ローンが組める)ようになります。他方で、未成年者については、親権者に契約の取消権がありますが、18歳になると、軽はずみな契約をしても取消ができなくなります。お酒やたばこは、20歳のままで、変更はありません。

 

 

 

 

カテゴリー: お知らせ, くらし 

アクセス

地図

大阪市北区西天満4丁目4番13号 三共ビル梅新5階

地下鉄/谷町線・堺筋線 南森町駅
2号出口から 徒歩 約10分

icon詳しくはこちら

弁護士紹介