労働問題・債務整理・家庭問題・その他、大阪の法律相談なら関西合同法律事務所へお任せください。

相続法が2019年から変わります【自筆証書遺言の方式緩和】

2018-12-05

相続法が2019年から変わります。

2018年7月6日に成立した相続法改正法が、2018年7月13日に公布されました。これにより、相続のルールが大幅に変わります。

① 2019年1月13日から自筆証書遺言の方式緩和がスタートします。これまで、自筆証書遺言はすべて自分で自書して作成する必要がありました。高齢者には大変な作業でした。
2019年1月13日以後は、自筆証書遺言に財産目録を添付する場合、目録部分はパソコンで作成しても、他人が代筆しても良いことになりました。預金通帳や不動産登記事項証明書を添付して、それを目録部分として使用する方法も可能となりました。ただし目録部分の各ページに署名押印することが必要ですので注意してください。

遺言を作成する場合、相続法改正の内容も踏まえることが大切です。関西合同法律事務所にお気軽にご相談ください。

 

カテゴリー: 家事 

アクセス

地図

大阪市北区西天満4丁目4番13号 三共ビル梅新5階

地下鉄/谷町線・堺筋線 南森町駅
1号出口から 徒歩 約10分

icon詳しくはこちら

弁護士紹介