労働問題・債務整理・家庭問題・その他、大阪の法律相談なら関西合同法律事務所へお任せください。

「相続放棄・限定承認の申述の有無等の照会」制度

2017-02-28

「相続放棄・限定承認の申述の有無等の照会」制度

大阪家庭裁判所のご案内 http://www.courts.go.jp/osaka/vcms_lf/f0087-3.pdf

家庭裁判所に対し、被相続人の相続放棄等の状況について照会する制度があります。

相続が発生すると、相続人は自分に相続が発生したことを知った日から3か月以内に相続放棄するかどうか、限定承認するかどうか判断して、放棄等をするのであれば手続きを取らなければなりません。期限内に何もしなければ相続を単純承認したということになります。

後順位の相続人としては、先順位の相続人が放棄したかによって自分が相続人となったかどうか確認する必要があります。また被相続人の債権者は相続人が放棄(限定承認)したかどうかによって請求が変わってきますので,相続放棄等をしたかどうか確認する必要があります。

そのためには、照会制度をつかうとよいでしょう。

 

 

 

 

カテゴリー: 家事 

アクセス

地図

大阪市北区西天満4丁目4番13号 三共ビル梅新5階

地下鉄/谷町線・堺筋線 南森町駅
1号出口から 徒歩 約10分

icon詳しくはこちら

弁護士紹介